フェイスリフト講座TOP | たるみとしわのお悩み診断 | しわとたるみの原因とは | 自分でできるアンチエイジング | フェイスリフトとは | 当サイトについて |

フェイスリフトに向いている人

スポンサードリンク



フェイスリフトに向いている人とはどんな人なのでしょうか?

現在フェイスリフトアップ手術を受けている方は、50歳代〜60歳代が多いようです。
いわゆる従来のフェイスリフトアップ手術は、40代後半以上でかなりたるみが気になる方に効果があるといわれています。
ただ、たるみには人それぞれに個人差があります。現在のたるみの状態と年齢によって、また個人の希望によってフェイスリフトを受けるかどうか、また受ける施術の種類などが決まってきます。

トータルのフェイスリフトは、ある程度の年代で、たるみがかなり気になってきた方に向いているといえるでしょう。
30代から40代前半くらいの方でたるみがすこし気になるといった程度の方は、全体のフェイスリフトというよりは、ミニリフトなど一部のフェイスリフトアップの方が向いているかもしれません。

自分がどの程度たるみを改善したいかを明確にして、クリニックに相談されると良いでしょう。


<フェイスリフトに向いている人>

・ある程度の年代でたるみがかなりある方
・1週間程度の腫れがあるので、時間に余裕のある方
・肌を切ることに抵抗のない方


フェザーリフト(スレッドリフト)に向いている人

肌を切らず、特殊な糸を使ってたるみをリフトアップするフェザーリフトは、プチ整形感覚でできるとあって、たるみが気になり始めた女性達の注目を集めています。

フェザーリフト(アプトス)は、おもに30代〜40代くらいの軽度のたるみに効果的な方法といわれています。同じく、埋めこんだ糸が後で消えるハッピーリフトも30〜40代の軽度のたるみに向いているといわれています。
特に頬のたるみ、ほうれい線などに効果的です。
たるみには、個人差があり、フェザーリフトなどにも様々な種類がありますのでクリニックに相談しながら決めると良いでしょう。

また、30代〜40代くらいでたるみがそんなにひどくない方は、レーザーを使ったたるみ取り(サーマクールやポラリス)や、レーザーでのシワ取りなどもリフトアップ効果がありますので、検討してみる価値がありそうです。


スポンサードリンク

<フェザーリフトに向いている人>

・肌にメスを入れたくない方
・30代〜40代くらいのたるみが比較的軽度な方


メンテナンスとしてのフェイスリフト

フェイスリフト手術は、たるみとしわを取り、若返り効果の高い美容医療として日本でも知られるようになってきました。
昔からフェイスリフトは、一部の人が行っていてその歴史は意外と古いものです。
欧米などでは、整形はもちろん、フェイスリフトを行っているセレブも多いことは有名です。
また政界などでも力のある政治家に見せるためにシワ取りやフェイスリフトを行うなど美容医療が使われています。
富裕層の間では専門の美容医をつけてお肌のメンテナンスを行うこと、自分を若く保つということは、一種のステイタスでもあるのでしょう。


どのフェイスリフトを行う場合も、きちんと信頼できるクリニックに相談の上、施術するようにしましょう。

次は、フェイスリフトの手術法、術後についてお話します。


⇒ フェイスリフトアップの手術法と術後