フェイスリフト講座TOP | たるみとしわのお悩み診断 | しわとたるみの原因とは | 自分でできるアンチエイジング | フェイスリフトとは | 当サイトについて |

フェイスリフトの疑問・不安点

スポンサードリンク



フェイスリフトの疑問点・不安点

たるみをとりたくてフェイスリフトに興味はあるけど、方法はいろいろあるし、不安が多い・・と思っていませんか。

フェイスリフトは若返りにとても効果のある方法ですが、費用面、手術のリスク面、手術後のダウンタイムなど気になることも多いですよね。
ここでは、フェイスリフトの疑問点、不安な点、リスクについてなどを解説します。


費用はいくらぐらいかかる?

フェイスリフトの費用については、クリニックによって違うので一概には言えませんが、大体80万〜150万くらいです。一部のフェイスリフト(ミニリフト)などは、もう少し安く50万〜100万位、目の下のたるみとりなどアイリフトは30万前後〜40万円くらいです。

また、切らないフェイスリフトのフェザーリフト(スレッドリフト)は、入れる糸アプトスの本数にもよりますが、6本いれた場合は10万〜30万円くらい。それ以上入れる場合は、1本1万〜2万円を加算するところが多いようです。
ハッピーリフトは、30万円前後〜です。1本3万円〜10万円位です。糸を入れる箇所や本数によって違いがあります。
金の糸(ゴールデンリフト)も、30万円〜です。これも入れる箇所などによってかなりの違いがでますのでクリニックにもよります。

選ぶ施術方法や、クリニックにもよりますが、やはり値段はフェイスリフトが1番高く、フェザーリフトなどは、その3分の1から5分の1ほどの値段で受けられそうです。

各クリニックによって値段の開きがありますが、比較する場合は値段だけではなく、医師や技術の質など考慮して信用できるクリニックを選ぶようにしましょう。


傷跡は残る?

フェイスリフトは、メスを使って切開しますので、手術後に傷跡はどうしても出来てしまいます。傷跡はお化粧や髪の毛で隠せる程度ですが、傷を付けたくない場合には傷がほとんど目立たないフェザーリフトなどを検討したほうが良いかもしれません。
ただ、フェイスリフトでも丁寧に高い技術で精密縫合されれば、数ヶ月から1年後には目立たないようになるのは可能なようです。これはドクターの腕にかかっている部分もありますので、気になる方はあらかじめ各クリニックに相談されると良いでしょう。
フェザーリフト(スレッドリフト)などは、傷跡もほとんど残らず、抜糸も必要ありません。



スポンサードリンク



痛みと腫れは?

フェイスリフトは、術後に腫れや突っ張り感が出ます。また内出血を起こすこともありますが、数日で消えるものです。腫れは10日から2週間程度でおさまり、数ヶ月で完全にリフトアップされたお顔に戻ります。
フェザーリフトも術後に多少の腫れ、突っ張りなどがありますが、約1週間で腫れは落ち着き、1ヶ月程度で突っ張り感などもなくなります。


表情が不自然にならない?

術後しばらくは、突っ張り感やむくみがあることもありますが、それも徐々に落ち着き、効果が見え始め、自然にリフトアップされたお顔になります。たるみをとるというものですので極端に顔が変わるといったことはないでしょう。
リフトアップする程度や、たるみをとる箇所などは、十分にカウンセリングをして、自分の希望を伝えましょう。医師はそれに基づいて、全体のバランスを考えながら最適な処置を行います。

リスクはあるか?

フェイスリフトは、手術である以上、通常の外科手術と同じく、リスクがないとは言い切れません。顔を手術する以上は、神経や血管が傷ついてしまうかも知れないリスクや、腫れや、内出血が起きる、傷跡が思ったより残ってしまったなどということもあるかもしれません。

こういったことが起きないために、正しい解剖学的な知識と高度な技術をもった信頼できるドクター、クリニックを選ばなければいけません。
自分が納得できるまでいろんなところにカウンセリングに行くなどしてじっくり医師を選ぶようにしましょう。