フェイスリフト講座TOP | たるみとしわのお悩み診断 | しわとたるみの原因とは | 自分でできるアンチエイジング | フェイスリフトとは | 当サイトについて |

切らないフェイスリフトとは?

スポンサードリンク



切らないフェイスリフトアップとは

若返りたいけど、フェイスリフトはすこしこわい。

興味はあっても、なかなか踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

フェイスリフトはたるみをとって若返るのにかなりの効果がある方法ですが、肌にメスを入れなければならないことと、費用が高額なことが一般の女性たちの敷居を高くしていました。

ところが最近では、メスを使わない、切らないフェイスリフトというものが登場して、プチ整形感覚でたるみ取りができるようになり、注目を集めています。

切らないフェイスリフトにも方法によって様々な種類があります。
主なものに、フェザーリフト(スレッドリフト)、ケーブルスーチャー法、ゴールデンリフト(金の糸)、ハッピーリフトなど、それ以外にレーザーを使ったフェイスリフトのサーマクールなどがあります。


フェザーリフト アプトスとは?

フェザーリフトとは、特殊な糸を頬の皮下組織に埋め込んで、頬などのたるみをリフトアップし、しわをとるという方法です。
皮膚を切らずに、局所麻酔で短時間でリフトアップできるのが特徴で、傷も目立たないため、通常の切るフェイスリフトに比べ、負担が少ない方法といえるでしょう。

この方法は、ロシアの美容外科医スラマニーチェによって開発された技術で、使用される糸は心臓血管外科手術などでも使われる人体に安全なアプトスと呼ばれるものです。
アプトスの糸は、ポリプロピレンという素材からできていて、アプトス糸にはギザギザの毛羽立ちがあります。

この糸を皮下組織に埋め込むと、この毛羽立ちがあることで、しっかり組織が保持されて、皮膚が収縮されます。その結果、たるみがリフトアップします。
また、糸をいれることでこの糸の周りにコラーゲン線維が生成されるので肌のハリが出てくる効果があります。アプトスは、頬など顔だけでなく、首に埋め込んで首のたるみをとることもできます。
フェザーリフトは、頬のたるみ、法令線、目の下のたるみなどに効果があります。特に、糸の周りに線維ができることで頬がふっくらしてハリのある若々しいラインになります。


フェザーリフト ワプトス(ダブルトーシス)

フェザーリフトは、アプトスという糸を使う場合と、もうひとつワプトスという糸を使う場合があります。
ワプトスはこの糸を耳の前や、こめかみから頭にかけて糸を通して、たるみを吊り上げる方法です。アプトスより糸の長さは長く、糸を通して吊り上げるという方法に違いがあります。

ワプトス糸も、ギザギザの毛羽立ちを持っていて、皮下組織を保持しながら、たるみをしっかり引き上げることができます。
糸を通して、引き上げるという部分から、まさに切らないフェイスリフトといえ、大きな効果が期待できる方法です。

これら、フェザーリフトは、スレッドリフトとも呼ばれ、現在注目されている方法です。


ハッピーリフト

ハッピーリフトとは、糸を埋め込むフェザーリフト(アプトス)と同じ方法で行われるものですが、使われる糸に違いがあります。
ハッピーリフトで、使用する糸は体内に吸収されて溶ける糸だというところに最大の特徴があります。アプトスの糸と比べると

・リフティング力が25%アップ、張りをもたせる力は37%アップ。
・処置後8〜12ヶ月体内に吸収される
・コラーゲンやヒアルロン酸の生産が高まり、お肌のハリを高める

といった点が挙げられます。

糸は体内に吸収されますが、効果の持続には変わりありません。
糸を顔に埋め込むことに抵抗のある方や、簡単にリフトアップしたいという方に向いています。


スポンサードリンク



ケーブルスーチャー法

また、美容外科医ゴードン・ササキが開発した「ケーブルスーチャー法」というものもあります。中顔面のたるみ、特にほうれいせん、頬のたるみに効果のある方法で、特殊な糸を通して、頬の中の脂肪をリフトアップし、こめかみで止める方法です。
腫れも少なく、傷もほとんど目立たない特徴があります。フェイスリフトやミニリフトと同時に行うと効果が高いようです。

金の糸(ゴールデンリフト)

ゴールデンリフトとは、金の糸を真皮内に埋め込むことで、コラーゲンの生成や血管の再生を促進して、たるみを改善しお肌のハリをよみがえらせる方法です。

金は、古代エジプト時代から若返り治療に使われ、クレオパトラも若さと美肌を保つために使用していたといわれています。
ゴールデンリフトで使用する金の糸は、人体に安全な特殊な糸で、コラーゲンを作り出す力を高め、新しい毛細血管の生成を促進する効果があります。
金の糸を埋め込むことにより、金の糸の周りにコラーゲンが生成されて、皮膚にハリを持たせ、たるみやシワを改善する効果があります。
個人差はありますが、大体2〜3週間程度でで効果が現われ始め、長期間持続します。

このようにこれらメスを使わないフェイスリフトは、様々な種類があります。
また、これら特殊な糸を使う方法のほかに、レーザーを使った切らないフェイスリフトもあります。
これについては後述します。

では、フェイスリフトの気になる効果はどうなのでしょうか。


⇒ フェイスリフトの効果はどれくらい?